スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンブリ石(だんぶりせき、ダンベリ石、ダンベリー石、Danburite、ダンビュライト、ダンブライト)

 ダンブリ石(だんぶりせき、ダンベリ石、ダンベリー石、Danburite、ダンビュライト、ダンブライト)はカルシウムとホウ素のテクト珪酸塩鉱物(斜方晶系)です。

 斧石や電気石などホウ素を含む珪酸塩鉱物と共にスカルン中の他、変成岩を切る脈として、また堆積性塩類鉱床、熱水脈、花崗岩ペグマタイトに産します。日本にも産出例はありますが、産地はほぼ大分県の尾平鉱山と宮崎県の土呂久鉱山に限られます。

 自形の結晶形は柱状で、柱の片面を斜めに切り落としたような特徴的な形状をしており、条線が柱の方向に著しく発達しています。

 色は無~白、淡黄、淡赤などです。

 形状や発達した条線の他、屈折率が比較的高く硬度も高い(モース硬度7~7.5)ので、透明度の高いものはトパーズに類似しますが、トパーズと比較して比重が小さく硬度も若干低く(トパーズのモース硬度は8)、劈開がほとんど認められないことで区別できます。

 英名のDanburiteは原産地であるアメリカ、コネチカット州のDanbury(ダンベリー)に由来します。ダンベリーでは接触変成を受けた(スカルン)苦灰岩中に長石と共に発見されました。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : た行 タ行 D

検索フォーム
和名 頭文字検索
頭文字から探す

か行 ア行 あ行 は行 サ行 ハ行 さ行 カ行 C た行 A S ら行 タ行 P B E D T ラ行 マ行 O G M H や行 K W ま行 J Z L V な行 R ヤ行 コ行 ビ行 ワ行 ヒ行 コラム U ス行 F ナ行 N ク行 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。