スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然銅(しぜんどう、じねんどう、(Native)Copper、カッパー、コッパー)

 自然銅(しぜんどう、じねんどう、(Native)Copper、カッパー、コッパー)は天然に単体で産出される銅で、元素鉱物(等軸晶系)に分類されます。

 銅はふつう孔雀石や藍銅鉱などの炭酸塩鉱物や黄銅鉱など硫化鉱物の形で自然界に存在しますが、単体で産出される銅もあります。それが自然銅です。鉄が単体の自然鉄で存在するのが稀なのに対し、自然銅は比較的広範囲に産出します。
 自然銅は含銅鉱液の還元で生じ、銅の硫化物鉱床の酸化帯に二次鉱物として産しますが、この場合は主に自然銅の表面は銅の炭酸塩である孔雀石や藍銅鉱、銅の酸化物である赤銅鉱などに覆われています。また、初めから自然銅として生成する場合もあり、超塩基性岩や玄武岩、緑泥片岩、礫岩、堆積岩中などに産します。

 自形結晶の多くは六面体や八面体、斜方十二面体などですが、あまり明瞭ではなく、通常は樹枝状、板状、塊状、皮殻状、苔状の形状をとります。

 自然銅は新鮮なものは銅赤色に輝いていますが、次第に10円玉のように黒ずんでいきます。

 日本では秋田県協和町(現、大仙市協和)の荒川鉱山のものが有名です。

 英名のCopperは紀元前3000年頃から銅鉱山が存在していた「キプロス(Cyprus)の」を意味するギリシャ語である「Κύπριος (kyprios)」がラテン語の「cuprum」に変わり、それがCopperに変化したと言われています。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : た行 カ行 コ行 C

検索フォーム
和名 頭文字検索
頭文字から探す

か行 ア行 あ行 は行 サ行 ハ行 さ行 カ行 C た行 A S ら行 タ行 P B E D T ラ行 マ行 O G M H や行 K W ま行 J Z L V な行 R ヤ行 コ行 ビ行 ワ行 ヒ行 コラム U ス行 F ナ行 N ク行 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。